吉野家公式ウェブサイト

匠味 ほっとする味と温もり。 健康 食べる健康。歩く健康。 安全 人が見守る安全安心。

生産から販売まで

お客様の食に携わる吉野家にとって、「安全」は何にも増して優先されなくてはいけない事柄です。食材の生産・調達から店舗でお客様のもとに届くまで、検査や管理を徹底し、品質や衛生面での安全維持に努めています。

安全にこだわった「仕入れ」

牛肉のチェック

OIE基準を満たした、厳選された牛肉を各店舗に届けるため、吉野家のバイヤーが米国まで足を運び、牛肉の品質チェックを行っています。

徹底した安全管理

牛肉の加工には、清潔なステンレス製の作業台を使用。異物混入につながりかねない要素を極限まで排除し、あらゆる場所で充分な安全管理を徹底しています。

食材加工も安全第一

01.解凍

牛肉は常に同じ温度で管理

日本に届いた牛肉を、熟成専用冷蔵庫で熟成しながらじっくり解凍します。牛肉は常に同じ温度で管理し、置き場所による温度差が生じないよう、送風をしたり、箱の間に隙間をつくったりと工夫をしています。

02.搬入

熟成された牛肉を、吉野家ミートセンターに輸送します。肉の品質を維持するため、輸送に使用する冷蔵トラック内も一定の温度を保持しています。

03.トリミング

取り残しがないように複数回にわたってチェック

人の目で一つひとつ中身を確認し、吉野家の基準を満たす牛肉のみを加工していきます。衛生的に管理するため、開梱までの過程では、人の手に直接触れないようにしています。また、肉についた筋や脂身を人の手でひとつずつ丁寧に除去し、取り残しがないように複数回にわたってチェックします。

04.スライス〜計量包装

牛肉専用のスライサーを使い、牛丼を一番おいしく食べられる厚さに牛肉をスライスします。スライスされた牛肉は、ふんわりとした状態でバットに入れて包装し、製造者管理番号を付与します。

安全に出荷する

05.検査

X線異物検出機による検査

牛肉やその他の素材は、複数回にわたって「金属探知機」と「X線異物検出機」による検査を行います。また、加工の過程で人の目による検査も行い、異常がないかどうか厳格にチェックします。

06.出荷

一定の温度を保ったまま全国の店舗へ

牛肉や野菜は、工場にて加工された後、一定の温度を保ったまま迅速に配送車へ搬入し、全国の店舗に出荷されます。

安全を維持するため、厳格な衛生管理のもとで加工を行い、機械と人の両方で厳しい安全チェックを実施しています。