吉野家公式ウェブサイト

匠味 ほっとする味と温もり。 健康 食べる健康。歩く健康。 安全 人が見守る安全安心。

工場でのこだわり

食の安全を守るため、吉野家の工場ではさまざまな検査や点検を行い、品質衛生管理に努めています。

調達と仕入れ

原材料調達

吉野家が採用する素牛(フィーダーキャトル)は、生産/肥育から出荷まで、USDA(アメリカ合衆国農務省)の品質規格とカット規格に準拠しています。
米国の工場では、枝肉の洗浄は3回以上行うなど、徹底した衛生管理体制が敷かれており、と畜場とボーニングルーム(骨抜き・カット工場)は厳格に分離されています。また、カット工場の温度を一定に保ち、作業台・壁等の細菌検査を毎日行うなど、衛生的な生産管理が徹底されています。

仕入れ食材の点検

食材の鮮度を保つために、季節や外部環境に応じた温度管理を行っています。白菜やキャベツなど温度差に弱い野菜の鮮度を保つため、在庫管理や冷蔵庫内の厳密な温度調整を行っています。また、すべての食材に対して、納品時と出荷時の温度に基準を設け、放射温度計を使用した検温と記録を行っています。

品質と衛生

外部機関による衛生検査

X線異物検出機による検査

吉野家の工場では、「HACCP」に基づくコーデックス(食品規格)委員会に準じた監査を、年1回以上、第三者機関に委託しています。
「HACCP」とは、継続的に商品の安全を確保することを目的として定められた、国際的に認められた衛生管理手法です。原材料の受け入れから商品になるまでの各工程で、微生物による汚染や、金属の混入などの要因を分析。とくに重要な工程を継続的に監視・記録し、高いレベルでの安全性を確保しています。

品質検査

専門の検査員が、「食材の抜き取り検査」、「製造ライン機器の拭き取り検査」を日々実施しています。検査のためのサンプルは、検査員が製造ラインから直接採取するため、工場ではその場所や品目、採取部位などを事前に想定することはできません。

スタッフの厳しい目

標準衛生作業手順書

品質衛生管理を徹底するための作業手順書

工場内の品質衛生管理を徹底するため、工場でのすべての作業に関する手順書を作成し、その遵守を徹底しています。この手順書は、スタッフの教育や、作業手順・記録の徹底、スタッフの安全確保にも大きく役立っています。

製造ラインでの安全・衛生状態の確認

金属探知機による検査

食材への異物混入を防ぐため、スタッフが目視で検査を行っています。野菜加工の工程では、何度も洗浄・殺菌を行い、食肉加工の工程では、検査精度の高いラインが導入されています。さらに出荷段階には、「金属探知機」や「X線異物検出機」を使って原材料や製造機器による金属・異物の混入を防止しています。

食の安全を守るため、原材料の調達から店舗への出荷まで、多くの人の目や専門機器を導入して事故防止や安全管理の徹底に努めています。