社長メッセージ

社長メッセージ社長メッセージ

どれだけ時代が変わっても「お客様にご満足いただきたい」という想いは変わりません。

「飲食業の再定義」への挑戦

吉野家は、創業以来常にお客様に満足していただくため、牛丼を主力商品として「うまい、やすい、はやい」の吉野家固有の価値を提供し続けてきました。伝統の味を守りながら改良を加え、また新たな商品を生み出すことで、その価値をより高める努力を重ねています。
今、経済のグローバル化、情報技術の飛躍的な発展などにより、時代の流れはとても早くなっています。店舗のデザインや原材料の調達など、外食産業も従来のビジネスモデルを踏襲するだけでは立ち行かなくなっているのです。そこで吉野家は、自らが変化を生み出し、お客様に新しい価値をお届けしたいと考えています。このことを私たちは、「飲食業の再定義」「飲食業の再発明」と呼んでいます。それにはやはり10年はかかると見据え、「10年後に自分たちのなりたい姿」を長期経営ビジョン「New Beginnings2025」として2015年に策定しました。
「飲食業の再定義」、すなわち長期経営ビジョンのキーワードは「ひと」「健康」「テクノロジー」です。

「外食No.1のサービスの実現」を目指して

2016年度からの3年間は、「外食No.1のサービスの実現」と「ビジネスモデル・店舗フォーマットの転換」を目標に定めました。お客様が受け取る店舗体験の質を高め、満足度を向上させていきます。ですが、新たな局面を切り拓くためには従業員一人ひとりが自ら考え、そして矢継ぎ早に挑戦していくことが必要。その意味を込め、「Power Play」という言葉を3年間のテーマとしました。もちろん「Power Play」のゴールは、お客様に満足をお届けすることにあります。一人ひとりの発想をスピーディーに行動に移し、これまで以上に店舗づくり・サービスづくりを磨き込んでいくことに全社のエネルギーを注入してまいります。

2016年3月
株式会社吉野家
代表取締役社長 河村泰貴

TAKE OUT

CAMPAIGN