【吉野家】電子マネー『QUICPay』導入!

2019.5.7プレスリリース

株式会社吉野家(本社:東京都中央区、代表取締役社長:河村 泰貴、以下吉野家)は、株式会社ジェーシービー(本社:東京都港区、代表取締役兼執行役員社長:浜川 一郎)が発行する電子マネー『QUICPay』(クイックペイ)による決済サービスの導入を 2019 年5月7日より国内の吉野家店舗で開始いたします。
*QUICPay 対応店舗 1,155 店舗(2019 年 4 月末時点)

これまで吉野家では、「吉野家プリカ」、「WAON」、「Origami Pay」、「Suica」等の交通系電子マネー*での決済サービスをご利用いただけましたが、今回、お客様により便利に吉野家の店舗をご利用いただくため、『QUICPay』を導入いたします。
創業 120 周年を迎えた 2019 年、吉野家ではご利用いただいているお客様により便利で幅広い決済サービスをご利用いただくことで、吉野家をもっと気軽にご利用いただきたく、随時電子マネーの導入を進めてまいります。
*他、ご利用いただける交通系電子マネーは、「Kitaca」、「Suica」、「PASMO」、「TOICA」、「manaca(マナカ)」、「ICOCA」、「SUGOCA」、「nimoca」、「はやかけん」の 9 種類です。

■ 電子マネー『QUICPay』とは

お店の端末にカードやスマートフォンなどをかざすだけでお支払いが完了する「簡単・おトク」な支払い方法です。コンビニエンスストアやスーパー、ドラッグストアの他、大型テーマパークなど全国約 84 万台以上でご利用いただけます。(2019 年 1 月末時点)

※「QUICPay」は、株式会社ジェーシービーの登録商標です。
※一部店舗ではご利用いただけません。

詳しくは、こちらをご確認ください。

ジェーシービーについて

日本で唯一の国際カードブランドを運営する企業として、1961 年に設立し、JCB カードを利用できる加盟店ネットワークを展開するとともに、アジアを中心に国内外のパートナー企業と JCB カードの発行を拡大しています。また、総合決済サービス企業の実現を目指し、お客様やパートナー企業の皆様の期待にお応えする様々な事業を展開しています。1 億 2,000 万以上の方に JCB カードをご利用いただいています。(2018 年 9 月末現在)

吉野家について

吉野家は、明治 32 年(1899 年)に東京・日本橋に創業しました。お客様にご満足いただくため、牛丼を主力商品として「うまい、やすい、はやい」という吉野家固有の価値を提供し続けてきました。2019 年 2 月期末現在、吉野家は、国内 1,211 店舗、海外 896 店舗を展開しています。吉野家ホールディングスのグループ経営理念である「For the People」の実現のため、飲食業を取り巻く変化に適応し、従業員一人ひとりが変化への強い意志を持って活動しております。そして、長期ビジョン達成に向け、「競争」から「共創」へという考え方のもと、新しい市場創造・価値提供を実現し、「飲食業を再定義」に向けて挑戦を続けています。

■各社概要

会社名
株式会社ジェーシービー
所在地
東京都港区南青山 5-1-22 青山ライズスクエア
代表者
代表取締役兼執行役員社長 浜川一郎
設立
1961 年 1 月
資本金
106 億 1,610 万円
事業内容
クレジットカード業務、クレジットカード業務に関する各種受託業務、融資業務、信用保証業務、集金代行業務、前払式支払手段の発行ならびに販売業およびその代行業
会社名
株式会社吉野家
所在地
東京都中央区日本橋箱崎町 36 番 2 号 Daiwa リバーゲート 18 階
代表者
代表取締役社長 河村泰貴
設立
2014年3月
資本金
1,000万円
事業内容
日本国内における牛丼のファストフード店経営及びフランチャイズビジネスの展開

CAMPAIGN

お得な会員サービスクーポンやキャンペーン情報をいち早くお届け!