吉野家公式ウェブサイト

匠味 ほっとする味と温もり。 健康 食べる健康。歩く健康。 安全 人が見守る安全安心。

サービスへのこだわり

お客様に気持ち良くお食事いただけるように、日々、店舗設備の改良を行っています。また、スタッフ一人ひとりが調理や接客の技術を磨き、明るく元気に心を込めておもてなししています。

安全にすばやくご提供するために

すばやくご提供するため自動飯盛機を導入

できたてのお食事をすばやくご提供できるよう、キッチンでは自動飯盛機を導入しています。また、冷蔵庫は、開閉面積を少なくすることで温度管理も徹底しています。お客様が使う箸は、洗浄したあとに滅菌器にて一定時間滅菌するなど、食品や食器の衛生管理を徹底しています。

さらなる技術の向上!めざせ“グランドチャンピオン”

年間グランドチャンピオン大会の様子

牛丼の盛り付けの「はやさ」「正確さ」、そしてお客様への「目配り」「気配り」など、店長の総合力を競う実技コンクールが「グランドチャンピオン大会」。毎年、全国の激しい地区予選を勝ち抜いてきた店長たちが、「おいしい牛丼でお客様にご満足いただきたい」という熱い気持ちを込めて競い合います。1977年に始まった歴史あるコンクールで、優勝者はグランドチャンピオンとして吉野家の歴史に刻まれます。さらなるお客様満足を実現するために、吉野家ならではの取り組みとして、これからも続けていきます。

お客様をお待たせしない接客サービス

タブレット端末による教育補助ツールを導入 接客サービスを競う「接客コンクール」

お客様のご要望をすぐさま察知し、お待たせしない接客サービスを日々磨いています。そこで毎年開催されているのが、優れた接客サービスを競う「接客コンクール」。このコンクールで上位に入賞することがスタッフ全員の目標となっています。

また、店舗では、接客の様子を動画で記録し、タブレット端末を使って店長や他のスタッフと評価し合う教育補助ツールを導入。日々お客様と接する際に生かせるよう、サービス向上への努力を欠かしません。

お客様がいつどこの店舗にご来店いただいても、変わらず気持ち良くお食事をしていただけるように、吉野家では仕組みと教育の両面から技術とサービスの向上に努めています。